アレック・ボールドウィンとティナ・フェイ、トレイシー・モーガンにメッセージを贈る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アレック・ボールドウィンとティナ・フェイが15日(日)のサタデーナイト・ライブ40周年記念の放送回にてトレイシー・モーガンにメッセージを贈った。テレビドラマ『30 ROCK/サーティー・ロック』出演者であったアレックとティナは昨年6月に起きた車の事故により大腿骨、鼻、肋骨の骨折という大けがを負い現在も療養中の共演者トレイシーに対し3時間スペシャルで放送された同番組の一コマでメッセージを送ったのだ。「トレイシー・モーガンもこの場に入れくれたらと思うよ。きっと彼も良くなってここに入れたことを願っていたと思うんだ」「もしトレイシーがここに居たら、何よりもトレイシーが僕ら全員を笑わせたいってことを思い出させてくれたと思うよ。41回記念で会おうねトレイシー、みんなあなたを愛しているよ」

30年ぶりに同番組に出演したエディ・マーフィーも温かい拍手で観客たちに迎えられ、この番組がエディの人生にとって常に大きな一部であると明かしていた。「素晴らしい夜じゃない?この番組は僕の人生にとって大きな一部なんだ」「ここに戻ってくることが出来てとても嬉しいよ。なんだか高校時代に戻ったみたいな気分だ。これからもずっとこの番組が大好きだよ」

エディを舞台上で紹介したクリス・ロックは「僕が若い時、コメディは仕事じゃないって思ってたんだ。でもエディ・マーフィーをサタデーナイト・ライブで観た時すべての考えが変わったんだ」とエディへの想いを語っている。

さらに「ザ・カリフォルニアンズ」というコントの中では、ブラッドリー・クーパーとベティ・ホワイトが熱いキスを披露し、ケリー・ワシントンや自分の髪の毛を噛む女優としてテイラー・スウィフトもゲスト出演していた。

同番組のスペシャルにはこの他にも、ジャスティン・ティンバーレイクやマイリー・サイラス、ポール・マッカートニー、ジミー・ファロン、チェビー・チェイスなどのセレブも登場した。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop