『恋の手ほどき』のルイ・ジュールダンが死去、享年93歳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ルイ・ジュールダンが93歳で死去した。1958年作『恋の手ほどき』のガストン・ラシュイル役ではゴールデングローブ賞にもノミネートされ、1983年作『007/オクトパシー』で悪役カマル・カーンを演じたルイは14日(土)、ビバリーヒルズの自宅で息を引き取ったという。友人でありルイの伝記作家でもあるオリビエ・ミンヌはバラエティ誌に対し「ルイはハリウッド黄金時代を象徴する最後のフランス人俳優でした。それに、彼は多くの素晴らしい俳優や監督たちと仕事をしてきました」とコメントしている。

ルイは1963年作『予期せぬ出来事』で色男を演じリチャード・バートンからエリザベス・テイラーを奪い取る役を演じたり、1982年作ウェス・クレイヴン監督のモンスター映画『怪人スワンプ・シング/影のヒーロー』、1992年作『イヤー・オブ・ザ・コメット/失われたワインを追え』、1947年作アルフレッド・ヒッチコック監督の『パラダイン夫人の恋』にも出演したほか、ヴィンセント・ミネリ監督の1949年作『ボヴァリー夫人』ではジェニファー・ジョーンズと共演していた。

2010年にはロサンゼルスでレジオンドヌール勲章を受章しており、カーク・ダグラスやシドニー・ポワチエらが賛辞を送っている。

私生活ではベルト・フレデリックと結婚し、昨年ベルトが亡くなるまで58年間添い遂げたが、1981年5月には2人の息子ルイス・ヘンリーが薬物の過剰摂取で亡くなっている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop