ノエル・ギャラガー、健康問題を抱えていた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノエル・ギャラガーは薬物治療を止めれば「命を落とす」と医師から告げられていたという。3人の子供を持つノエルは2013年に「最悪な」健康上の問題を抱えており、ほとんどの症状は原因不明である中でさらに気分を悪くする薬を飲まなければならなかったようだ。 「最悪だったよ。腺熱が出たから毎年している健康診断に行ったんだ。神に誓って本当だけど、診断を始めた時は大丈夫だったんだ。出て行く時には医者が俺を今にも道端で死んでしまうみたいな感覚にさせたんだよ」「細かくは言わないけど、でも耳鳴りもあったんだ。それで、手の甲の裏にある2つの筋肉を引っ張ったんだ。ギターを弾いていた時でなくて、何かの角でそれに傷をつけてしまって、そして、神経を打ってしまったんだ。最悪だったよ。手をポケットに入れることさえできなかったんだ」「それで、子供たちとバカンスに行ったんだ。そしたら、子供を抱いてプールから出ていたときに背中をやったんだ」「俺のドクターがこれらの錠剤をくれて、それが何のためのものだったかは教えないけど、医者がこれを飲まなければ、実質命を落とすかもって言ったんだぜ。何か月ってその錠剤を飲んでいたけど、それが気分を悪くさせてたね。だから、飲むのをやめて、そしたら気分がよくなったね。健康って試練だね」

さらに、ノエルはニューアルバム『チェイシング・イエスタデイ』の制作をすることが、完全な健康体に戻るのにいい影響を与えたとテレグラフ誌に続けた「最悪な年だったね。でも、仕事復帰してからというもの、つまり、2014年1月6日にアルバム制作をスタートさせてからそのことを考えなくなったから、大丈夫だったよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop