クリスティーナ・アギレラ、娘とはすぐに絆を感じた!

クリスティーナ・アギレラは娘と「すぐに」に親密になったようだ。クリスティーナは自身のプロデューサーのマット・ルトラーとの間にもうけた6か月になるサマー・レインちゃんと初めて目があった瞬間に繋がったと感じ、娘の美しさとあどけない様子に圧倒されたと豪版フー誌に語った。「娘は文字通りエンジェルよ。彼女の見ためはとてもフェミニンで繊細。でも、言葉では表せないくらいけど強さがあるわね。私たちの間にすぐに穏やかな絆が生まれたし、説明できないけど、彼女の精神と繋がったって感じたの」

さらにクリスティーナは娘の穏やかな性格やどのように娘が人との出会いを楽しんでいるかについて話した。「サマーは穏やかな赤ちゃんよ。人のことも大好きなの。大きくて、青くて、魂のこもった目を持っていて、誰か新しい人に会うと反応するのよ」「たくさん笑うわ。笑わせるのは簡単。何か起こっているところにいたいのよ!最近新居に越す時に慣れないのではと心配していたけど、そんなすべての困難や楽しさをとっても気に入ったみたい。そして、旅行も好きなのよ。自分がなにをしたいかすでに教えてくれるくらい明瞭で、ハッピーで、満足している女の子なの」

クリスティーナには元夫ジョーダン・ブラッドマンとの間に7歳になる息子マックス君ももうけている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop