雄牛のいない農場で雌牛が出産!

雄牛のいない農場で雌牛が出産!雄牛のいない農場で雌牛が出産したという。ハリエットという名前のデクスター牛が雄牛と接触を持つことなく妊娠・出産したことで、バッキンガムシャーのストークポーズにあるパインウッドナーサリーのスタッフを当惑させているそうだ。経営者は「ハリエットが出産するときまで、私たちは妊娠していたことも知りませんでした。他の牛とまったく変わらない、ただの太った牛だったのです。そして、ここには雄牛は一頭もいません」と語っている。

夫や姉妹と共に農場を経営するこの経営者の女性は、この状況をどうしても理解できないでいるようだが現在、この雌牛は農場に連れてこられる前に妊娠していた可能性があるとみられている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop