ベネディクト・カンバーバッチの花婿介添人はロバート・リンダーだった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロバート・リンダーがベネディクト・カンバーバッチの花婿介添人を務めたのだという。14日(土)にソフィー・ハンターと極秘結婚式を挙げたベネディクトはマンチェスター大学時代からの友人であるというTVパーソナリティーのロバートに花婿介添人の1人として選んでいたようだ。ちなみにこの役はトム・ヒドルストンが務めたのではないかと噂されていたが、ある関係者は「ベネディクトには3人の花婿介添人がいましたが、その中で有名人はロバート1人だけでした」「他の俳優が選ばれるだろうと予測されていたのですが、ベネディクトは昔からの親友を選びたかったようですね」とコメントしていた。

ベネディクトは2013年にロバートとセス・カミングのスペイン・イビザ島で行われた結婚式で司祭役を務めていたようだが、2人は友人関係であることを隠していたのだという。ある関係者はザ・サン紙に「彼らは自分たちが友人関係であることを秘密にしています。2人はお互いに有名になる前からずっと友達なんですけどね」と明かしていた。

ロバートは昨年「彼はマンチェスター大学時代からの友人なんだ。いつもとても応援してくれるんだよ」と、ベネディクトのサポートにとても感謝していると語っており、その一方で司祭役を務めたベネディクトは自身にとって新たなキャリアがスタートするかもしれないと冗談を飛ばしていた。「次は子ども達のための儀式の司祭を務めることになるかな!」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop