クリステン・ベル、新作『ミシェル・ダーネル』出演決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリステン・ベルがメリッサ・マッカシーらとともに新作コメディ映画『ミシェル・ダーネル』に登場することになった。キャシー・ベイツやピーター・ディンクレイジらも出演するこの作品はメリッサの夫ベン・ファルコーン監督がメガホンを取ることになるとハリウッド・レポーターが報じている。インサイダー取引の罪で刑務所に送りとなった主人公は、刑期を終えた後に元アシスタントの助けを借りて自身の世間でのイメージを変えるべく奮闘するが、誰もがその事実を許し、忘れようとしていないという事態に直面する。

クリステンは自身のビジネスを成功させるために努力しているシングルマザーという設定のそのアシスタント役を演じるという。一方でキャシーはメリッサ演じる主人公の変り者の相談役として登場するようだ。

同作品はメリッサとファルコーン監督の製作会社オン・ザ・デイ・プロダクションとウィル・ファレルとアダム・マッケイが運営するギャリー・サンチェス・プロダクションズとの共同製作になるという。

一方でクリステンは『アナと雪の女王』の短編映画『エルサのサプライズ』に再びアナ役の声優で登場することになっており、最近では人気テレビドラマ『ヴェロニカ・マーズ』の映画版で再び主役として出演していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop