ニール・ブロムカンプ監督、リブート版『エイリアン』製作へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニール・ブロムカンプ監督がリブート版『エイリアン』の製作をスタートさせるようだ。この映画についてはここ数週間数々の憶測が飛び交っていたのだが、今回ブロムカンプ監督が20世紀フォックスと同意し同作品を製作していくことになったようだ。ブロムカンプ監督は自身のインスタグラムにエイリアンの写真を投稿し、「そうだな...これが僕の次の映画になることが正式に決まったと思うよ。エイリアン」とコメントをしている。

現在タイトル未定のこの作品はリドリー・スコット監督の『プロメテウス』の続編とは違う作品になり、『プロメテウス』続編から何年も未来の話を描いたものになるとバラエティが伝えている。

ブロムカンプ監督は先日、新作『チャッピー』の撮影中にオリジナル版『エイリアン』の出演者であるシガニー・ウィーバーと話をしたりしたことで、このプロジェクトに興味を抱いているとコメントしていた。「僕とシガニー・ウィーバーが『チャッピー』の撮影を行っている時に、シガニーと話したんだ。彼女は僕にたくさんの思考を与えてくれたよ。シガニーが持っていなかったアイデアを思いついたりもしたね。『チャッピー』の撮影中はシガニーとほとんどの時間を過ごしたよ。とても興味深かったね」「バンクーバーに戻ってきてからは、丸一年間『チャッピー』の仕事だったんだ。編集作業がない時には『エイリアン』の事を考えることができたよ。だから基本的に映画すべての計画はできているしアートワークもやってあるよ」

現在のところシガニーがこの新作映画に再び出演するかは分かっていないという。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop