ジェイミー・キング、第2子を妊娠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェイミー・キングが第2子を妊娠した。テレビドラマ『ハート・オブ・ディクシー ドクターハートの診療日記』 でお馴染みのジェイミーは19日(木)、自身のインスタグラムで夫カイル・ニューマンとの間に2人目の子供を授かったことを報告している。インスタグラムに投稿された写真は1歳になる息子ジェームス君がシャボン玉を吹いて遊んでいる写真の足元に「僕はお兄ちゃんになるよ!誰がボスになるの。すごくうれしい!!!」と書かれた紙が置いてあるというものだった。

2005年『ファンボーイズ』の撮影現場で知り合ったジェイミーとカイルは2007年11月に結婚した後、4年間の不妊治療を経て2013年10月に第1子となるジェームス君を生まれている。

ジェイミーは昨年、自身の不妊治療や何度も起きた流産への苦悩を吐露しており第1子を授かったときには本当に嬉しかったと明かしている。「すべてが新しい意味をもっているのよ。妊娠するまでにとても時間がかかったし、赤ちゃんって本当に授かりものなのよね。最も大切だったことは私が積極的だったことかしら」「私はダイエットやエクササイズにまったく興味がなかったわ。いくら太ろうが気にしていなかったわ。お腹の中のジェームスが健康であることが一番大切なことだったから」

ジェイミーは以前、幾度とない流産や痛みを伴う体外受精の治療を受けたのち女性ホルモンや受胎に影響を及ぼす子宮内膜症や多嚢胞性卵巣症候群と診断されていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop