ジュリア・ロバーツの母、肺がんで死去

ジュリア・ロバーツの母ベティ・ルー・ブレデムスさんが80歳で亡くなった。ベティさんは19日午前、肺がんによる闘病生活の末に息を引き取ったとPEOPLE.comが伝えている。ジュリアとジュリアの夫ダニエル・モダー、そして2人の3人の子供たちとロサンゼルスで暮らしていたベティさんだったが、カリフォルニア州サンタモニカのセント・ジョーンズ・ヘルスセンターで最後を迎えたようだ。2013年11月に肺がん腫瘍が発見されてから闘病生活を送っていたべティさんの死は、ジュリアの異父妹ナンシー・モーツさんが薬物過剰摂取で亡くなってからちょうど一年目の出来事となってしまった。ナンシーさんの死は毒物検査と検死結果から自殺と判定されている。多種の薬物を服用したナンシーさんは2014年2月9日、バスタブに沈んだ状態で発見され、その遺体のそばには遺書が見つかっていたという。

ジュリアと家族に起きたナンシーさんの死という悲しい出来事を受けて、ジュリアは当時このようなコメントを出していた。「とても悲しい出来事です。こんなことは誰にも起きてもらいたくないことですが、この世には悲劇的で苦痛で不可解なことがたくさんあるのです。しかし私たちは家族として絶望的な状況でも前を向いて歩いていかなければなりません。瞑想や聖歌を歌うことなどが喜びや平穏をもたらしてくれるかもしれません」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop