メアリー・J.ブライジ、ファンのためにサプライズ登場

メアリー・J.ブライジがロンドンでサプライズで登場し、あるファンを喜ばせた。イングランド南部ワットフォード出身のラナ・オイテロさんは、東ロンドンのショーディッチにあるヴィレッジ・アンダーグラウンドでメアリーの特別ライブ中継を鑑賞するチケット30枚の1枚が当たったと思っていたものの、ニューヨークにいるはずのメアリーがカーテンの中からサプライズ登場したときは驚きを隠せなかったという。

ラナさんは「人生の中で最高の瞬間だったわ。メアリー・J.ブライジは私の憧れ。彼女の音楽はとても正直でリアルよ。私の目の前に彼女が現れたとき、振り向かないといけなくて、友達が同じものをみているのか確認しないといけなかったくらいよ。本当に信じられなかったわ」「彼女が歌いながら私にステージの上にあがるように言ってくれた時が最高だったわ」と話す。

一方、ラナさんをステージの上に呼ぶ前には楽曲『ノーボディ・バット・ユー』を披露したメアリーは、何年もの間応援してくれた誰かにサプライズ演出するのは嬉しいと話した。「私のファンが曲作りのアイデアをくれるの。彼らこそが私がしていることの動機になっているのよ。私のことを本当に応援してくれている誰かのためにサプライズすることと、この件に参加できることは素晴らしいことね」「最新アルバムをレコーディングしたロンドンに帰ってこれたのも嬉しいわ」

ブリット・アワード2015の協力のもとマスターカードのプライスレス・サプライズ・キャンペーンの一環で今回のサプライズ演出が実現した。パロマ・フェイス、カイザー・チーフス、アッシャーらのミュージシャンらもファンにサプライズ演出するこの企画に参加している。詳細はpricelesssurprises.co.uk.にて。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop