ラジー賞最低女優賞にキャメロン・ディアスが選ばれる!

今年のゴールデンラズベリー賞最低女優賞にキャメロン・ディアスが選ばれた。ラジー賞の愛称で親しまれているこの不名誉な賞に『SEXテープ』『ジ・アザー・ウーマン』の2つの作品の役でキャメロンは最低女優賞に輝いてしまった。さらにキャメロンが孤児院のオーナー役ミス・ハニガンとして登場した映画『ANNIE/アニー』は最低リメイク、パクリ、続編映画賞を獲得している。

またカーク・キャメロンの『カーク・キャメロン・セイビング・クリスマス』は、カークへの最低男優賞と最低作品賞、最低脚本賞、最低スクリーンコンボ賞の4部門が贈られた。

最低助演女優賞は『ミュータント・タートルズ』のミーガン・フォックス、一方最低助演男優賞は『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』『トランスフォーマー/ロストエイジ』『オズ めざせ エメラルドの国へ』『シンク・ライク・ア・マン・トゥー』のケルシー・グラマーが受賞した。

また、マイケル・ベイ監督が『トランスフォーマー/ロストエイジ』で最低監督賞に選ばれている。

そんな中、過去にこの不名誉な賞を獲得したにも関わらず今年度活躍した俳優に贈られるラジー名誉挽回賞には『ジーリ』『アルゴ』『ゴーン・ガール』のベン・アフレックが輝いている。

2015年度ゴールデンラズベリー賞結果

最低映画賞

『カーク・キャメロンズ・セイビング・クリスマス』

最低男優賞

カーク・キャメロン『カーク・キャメロンズ・セイビング・クリスマス』

最低女優賞

キャメロン・ディアス『ジ・アザー・ウーマン』『SEXテープ』

最低助演女優賞

ミーガン・フォックス『ミュータント・タートルズ』

最低助演男優賞

ケルシー・グラマー『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』『トランスフォーマー/ロストエイジ』『オズ めざせ エメラルドの国へ』『シンク・ライク・ア・マン・トゥー』

最低監督賞

マイケル・ベイ『トランスフォーマー/ロストエイジ』

最低スクリーンコンボ賞

カーク・キャメロンと彼のエゴ『カーク・キャメロンズ・セイビング・クリスマス』

最低脚本賞

『カーク・キャメロンズ・セイビング・クリスマス』

最低リメイク、パクリ、続編映画賞

『ANNIE/アニー』

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop