ニール・パトリック・ハリス、アカデミー賞司会中に下着姿に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニール・パトリック・ハリスがアカデミー賞の司会中に下着姿を披露した。ニールは今回の式典で最多受賞を果たした『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』にちなんでパンツ1枚姿になり「俳優っていうのは気高い職業だよね」と言って放った。しかしニールは式典後、スター勢揃いのこの式典ですべてを見せてしまうリスクを減らすために、その下着に特別な覆い布を縫いつけていたという事実を明かしていた。その瞬間に向けて準備したり、パッドを入れたりしていたかと尋ねられたニールは「おかしいことに僕は舞台裏の端から端まで駆けまわっていたから、全部を脱ぎ捨てる時間しかなかったんだよ。たぶん普段より良い立ち方をしていたんだろうね」「でも最初のパンツはあまりにも透けていたもんで衣装さんがもう1枚のパンツを縫い付けるはめになったんだよ。だから大きく見せるためのパッドじゃなくて、隠すための1枚はあったってことだよ」と説明した。

そんなニールのパフォーマンスについて夫のデイビット・バートカは特に楽しませてもらったとE!ニュースに冗談交じりに話した。「僕はいつも目にしているから、それをみんなと一緒に見たってだけの話さ。みんなラッキーだね」

ニールはアナ・ケンドリックやジャック・ブラックと共に音楽でアカデミー賞の87年を振り返るパフォーマンスで同式典の幕を開けていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop