マイケル・ジャクソン、『スリラー』の契約書がオークションに出品へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイケル・ジャクソンの名曲『スリラー』の契約書がオークションに出品されることになった。マイケルのオプティマム・プロダクションズと映画俳優組合間で1983年10月10日に取り交わされたマイケル直筆の署名付きの契約書が今月26日にオークションにかけられるという。この書類はロサンゼルスを拠点にするネイト・D・サンダース・オークションズに出品されることになり、この書類が本物であることを示す1983年12月付のアメリカ合衆国著作権局からの書類もついてくる。

契約金額と24人の俳優に対する映画俳優組合側の要求が記されたこの契約書はスタート価格が2万5000ドル(約298万円)に設定されており、同オークションにはミック・ジャガーのサイン入りクリスマスカードや、アリシア・キーズ、ケイティ・ペリー、シェール、ファーギーの衣類の数々なども出品される予定だ。

13分間に渡る『スリラー』のビデオは1983年10月にロサンゼルス内で撮影されており、ジョン・ランディスが監督を務め、モデルのオーラ・レイが出演していた。製作に50万ドル(約5960万円)をかけたこの作品は1984年のグラミー賞で最優秀アルバム賞ほか8部門に輝いたほか、翌年の同式典では最優秀長編ミュージックビデオ賞を受賞している。

2009年に心不全により他界したマイケルは同年、『スリラー』のクリップがアメリカ国立フィルム登録簿入りしたことでアメリカ議会図書館に記録された初めてのミュージシャンとなっている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop