カーリー・クロス、ヴィクトリアズ・シークレットのエンジェル引退へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カーリー・クロス(22)がヴィクトリアズ・シークレットのエンジェルを引退することになった。当初18歳であった2011年から同下着ブランドのモデルを務めているカーリーは、今年迎える契約終了の際にその役目から退く意向を示しているという。

同ブランドのシニア・クリエイティブ・ディレクターを務めるエド・ラゼックは「数か月前にカーリーと会い、カーリーが自身の人生とキャリアで望んでいることについてたくさんのことを話し合いました」「カーリーはユニークな存在の最も親しい友人の1人であり、私が心から称賛する大好きな人です。彼女は疑いの余地もなく、最も素晴らしいモデルの1人です。しかし、彼女はそれよりもさらに(個人としても)素晴らしい人です」と話す。

昨年はロレアル・パリのアンバサダーに任命されただけでなく、8月にはシャネルのフレグランス「ココ ヌワール」の広告に顔として登場したりと活躍の場を広げているカーリーは、これからの予定されている多忙なスケジュールを理由に今回の決断に至ったようだ。

エドはさらにUsウィークリー誌に「カーリーと話すにつれて、カーリーには数々の仕事をこなすには時間が足りないことが分かってきました。我々はカーリーが契約終了を持ってブランドから去ることに残念ながら了承しました」「彼女の将来は無限に広がっていますし、彼女の活躍を見るのが楽しみです。カーリー・クロスは私にとっていつだってエンジェルですよ」と続けた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop