ジェイソン・サダイキスに嗅覚がないとオリヴィア・ワイルドが暴露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オリヴィア・ワイルド(30)によるとジェイソン・サダイキス(39)には嗅覚がないのだという。ジェイソンとの間に生後10か月の息子オーティス君を持つオリヴィアは、自分が料理が得意だとは思っているものの、婚約者のジェイソンは食べ物をちゃんと味わうことができないのだと明かした。「料理は好きだけど、私の料理を食べる人は世界中で一番喜ばすのが簡単なのよ。私のフィアンセは嗅覚がないの。生まれつきそうなのよ。だから私が作るものは全ておいしいと思ってくれるの。私の自信にはすごくつながるわ」

ジェイソンには嗅覚がないという一方で、オリヴィアは年齢とともに視覚が衰えてきていると感じていることをピープル誌に明かしている。「ジェイソンがクリスマスにスクラブルのボードゲームをくれたの。ピースが全部大きくて、年を取った私の年老いた視覚にはすごく助かるわ」また、オリヴィアはかなり忘れっぽくなってきているとも話している。「私は15歳の時から母親の脳を持っているから、どうやってみんな手袋をセットで持っていられるのかとか、鍵やお財布をなくさないでいられるのか分からないわ」

そんなオリヴィアは、息子の誕生以来、生活が大きく変わったことも明かしており、最後に日の出を見たのはいつかという質問に対して「私には赤ちゃんがいるから、そんな前じゃないわね!昔みたいに酔っぱらって目にしたものではなかったわ。たぶん1週間くらい前の話で、オーティスと一緒に早起きしていた時のことだわ」と答えた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop