モニカ・ベルッチ、「ボンドガール」ではなく「ボンドレディ」と呼ばれたい!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モニカ・ベルッチ(50)は「ボンドレディ」と呼ばれたいのだそうだ。ダニエル・クレイグ(46)が主演を務める「007」シリーズ最新作『スペクター』でヒロイン役に抜擢されたモニカは、この役どころが通常よりも年齢層の高い女優に演じられることに多くの女性たちが感激するだろうとしながらも「ボンドガール」という表現は自分のキャラクターにそぐわない表現になると話している。「私は最初『50歳でどうやったらボンドガールになれるっていうわけ?』と思ったわ。オーディションの後、(監督の)サム・メンデスが史上初の試みとしてボンド役の俳優と同い年ぐらいの女性を求めているんだと伝えてきたの」「それで私は『スペクター』に私をキャスティングしてくれたら女性の間で彼はヒーローになれるわよって言ったわ。これまでのボンドガールに比べて私は断然熟女だし、ボンドウーマンかボンドレディと呼ばれたいわね」

2013年8月には14年間の結婚生活を送ったヴァンサン・カッセルと離婚し、現在では事業家のテルマン・イスマイロフとの交際が囁かれるモニカは、年を重ねた女性達は内面のセクシーさを感じる必要があるとザ・メール・オン・サンデー紙のイベント誌で語った。「多くの50歳の女性たちは男性の目には止まらないと感じていると思うけど、そんなことないわ。内面が外面に映し出されるものだってことを思いだす価値はあるの」「本当のセクシーさっていうのは頭の中やイメージにあるもので、体の年齢で表現されるものではないわ」「20代や30代の男性たちが頻繁に年上の女性を求めることも不思議ではないもの」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop