レナード・ニモイ83歳、死去

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レナード・ニモイ(83)が死去した。『スター・トレック』のテレビや映画シリーズで40年以上、主要登場人物であるミスター・スポックを演じたレナードが27日(金)、ロサンゼルスのベル・エアの自宅で息を引き取った。

妻スーザン・ベイ・ニモイさんはニューヨーク・タイムズ紙に対して死因は末期の慢性閉塞性肺疾患によるものだったと話している。先週病院に搬送されたレナードは昨年、30年以上前に禁煙したにも関わらずこの病気になってしまったことを発表し、その後ファンたちに向けて「ただちょっと長い距離を歩けないだけなんだ。僕の人生、家族、友人、そしてファンたちを愛しているよ」と自身のツイッターでコメントしていた。

1960年中旬、自身のスタジオで演技指導を行っていたときに『スター・トレック』のテレビシリーズのスポック役に抜擢され、2009年作『スター・トレック』と2013年作の『スター・トレック イントゥ・ダークネス』にも出演していた。

レナードは俳優としての活躍だけでなく「スター・トレック」シリーズの中からの2本を含む映画監督を務めたり、ポップソングの収録なども行っていたという。

レナードの葬儀は1日(日)、妻スーザンや子供たちを含む親族と近しい友人だけで執り行われたようだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop