ヒラリー・ダフ、離婚申請の原因は夫が他の女性にセックスを迫ったこと

ヒラリー・ダフは1月に元プロアイスホッケー選手の夫マイク・コムリーがある女性にセックスを迫ったことが原因で離婚申請をしていたようだ。別居中のマイクがロサンゼルスにあるマストロズのレストランで、ある女性に代金を払う代わりに体の関係を迫った一件が決定打となり、ヒラリーは正式に離婚を決断していたという。ある関係者がUsマガジンに明かしたところによるとマイクはウェイトレスに対し「積極的に言い寄っていた」というが、そのウェイトレスがその申し出を断るとマイクは「酔っ払いながら他の女性にお金を突き出し、セックスを迫っていた」という。さらにその関係者は「ヒラリーはマイクが変わらないということに遂に気づいたのです。マイクは完全にチャンスを台無しにしましたし、シングルのように生活することを選びました」と続けた。

昨年1月に3年半に渡る結婚生活の末に息子ルカ君をもうけたマイクとの破局したヒラリーだが、2人の破局は友好的だと主張したいただけでなく、復縁の可能性を否定してはいなかった。昨年は一緒にいる姿を頻繁に目撃されていたほか、昨年11月にはマイクに対していまだに愛があることを認めていた。「今は破局中なの...また復縁する機会がなかったら、離婚をするつもりよ...」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop