ジョルジオアルマーニ、新ウィメンズラインをデビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョルジオアルマーニが新ウィメンズラインをデビューさせることを発表した。同ブランドは2日(月)、定番アイテムを揃えたコレクション「ニュー・ノーマル」を始動させることを発表した。1975年に自身の名を冠した同ブランドを立ち上げたジョルジオはこの新ラインについて「現代の女性たちがどのように服を着るべきか」についての自身の考えを反映したとWWDに語った。「このコンセプトは新たな定番を作るために定番のデザインから始めるってことなんだ。このコレクションは時が経つにつれアップデートされていきながらも、定番スタイルは維持しているというものなんだ」

そんなジョルジオは2015年ミラノ国際博覧会の親善大使に任命されていることから忙しい年を過ごすことになりそうだ。来月30日には自身の出身地ミラノでブランド創立40周年を記念して、ランウェイショーと共にユニヴァーサル・エキシビションをスタートさせる予定だ。同展覧会はアルマーニ本社前のネスレ社の元工場を改装したアーカイブの展示センター、アルマーニ/サイロのオープンと共に開催され、同ブランドの過去の作品やスケッチを展示するようだ。

ジョルジオはその展示センターのことを「自分の(英博物館)テイト・ギャラリー」と表現し、ファッション界の才能ある若手たちを支援するためのイベントも開催するようだ。「アートに対して開放的で、ファッションを勉強している者のための文化施設なんだ。僕にとってのテイト・ギャラリーみたいなものだよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop