スーザン・サランドン、年下恋人と破局

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スーザン・サランドン(68)が起業家ジョナサン・ブリックリン(37)と破局したようだ。5年間交際してきた2人だが、スーザンが出演している6組のカップルたちの生活を6か月かけて追うモーガン・スパーロック監督のAOLリアリティ番組『コネクテッド』で実生活を撮影されることにスーザンが苦痛を感じていたことが今回の破局の原因のようだ。ある関係者はニューヨーク・ポスト紙のページ・シックス欄に「この番組のおかげで2人の関係に問題がたくさん生じました」「スーザンはこの番組に関わりたくないということからジョナサンと破局したことも番組内で収録されています。スーザンは『あなたは番組のメンバーだけど、私は違うわ』って言っていましたね」と話す。

しかし実際のところ2人は完全に別れたわけではないようで、同関係者は「今のところ、彼らは問題を解決しようとしているところです」とも話していた。

スーザンは以前、ジョナサンとの関係について「私たちは一緒に暮らしているわけではないの。私たちは普通のカップルではないのよ」「ただジョナサンの魂が私の興味をそそるわけ。恋愛において年齢や性別、人種なんてものは重要ではないのよ」と語っていたことがある。

その一方で、23年間連れ添った後2009年にティム・ロビンスと破局した際には、前に進むことの難しさを感じたとも話していた。「ワクワクする反面恐ろしくもあったわ。だって長い関係の中では当たり前だと思っている確かな安らぎがあるものだからね。私は職業柄たくさんの人に出逢うけど、シングルじゃない時よりシングルの時の方が自分自身の事を違った形で考えるようになるの。だからそうね、もし私があの状況はなんてことなかったわなんて言ったら嘘になると思うわ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop