ウィル・アイ・アム、新ブランド「エコサイクル」を設立

ウィル・アイ・アムが新ブランド「エコサイクル」を設立した。ウィルがザ・コカ・コーラ・カンパニーをはじめとするグローバル展開する企業とタッグを組んで実現した同ブランドは、メンズ、レディース、インテリア小物などのアイテムを取り揃え、革新的かつ持続可能なライフスタイル・コレクションを展開する。アディダス、エコアルフ、Futai Inc. (USA)、グローブ・トロッター、H・ブラザーズ、リニュー・マーチャンダイズ、MCM、ミスフィット、テラコッタニューヨークなどと提携する同ブランドは、5日(火)にはロンドンのハロッズに専門店をオープンさせた。エコサイクルのコンセプトは日常で使用しているものを認識し、それらをファッションとデザインの観点から着用可能で利用可能なものへとリサイクルすることによって、継続可能なライフスタイルの新たな選択を広げることだ。

ウィルは「エコサイクルをハロッズを通してイギリスに紹介できること、そして特に再生原料を使用して作られたアップサイクルでスタイリッシュで楽しい新ライフスタイル商品を発表できることを光栄に思います。ハロッズでエコサイクルの商品のようにリサイクル材を使用されているアイテムを皆さんにも求めて欲しいのです」と語る。

さらに、ハロッズのホーム部門部長のアナリーズ・ファード氏は「高級小売店の中心的存在として、ハロッズは最先端のブランドを発表する究極の場だと言えます。ハロッズ4階でエコサイクルを発表することは、世界中からお客様に最も革新的で高級な商品を提供する我々の姿勢と共に、我々が継続可能な高級商品を製造するブランドを推進し、支援していることを表しています」とコメントした。

ウィルはこのブランドを立ち上げるにあたり、ブラック・アイド・ピーズのコンサートで出たゴミが人気商品へと再利用されたことに着想を得たという。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop