ジョシュ・デュアメル、妻ファーギーと第2子を計画中

ジョシュ・デュアメル(42)は妻ファーギーと第2子を計画中のようだ。すでに1歳半のアクセル君をもうけている2人は、さらに子供を持ちたいと考えているものの、タイミングが重要であるとジョシュは語っている。「それに向けては綿密な計画が必要だと思うんだ。でも常に最低でも2人は欲しいと思っているよ」

また、ジョシュはアクセル君を溺愛していることを認めており、自分が父親ということをまだ信じられないと『エンターテインメント・トゥナイト・カナダ』に明かしている。「あの子が俺の子で俺たちが作ったなんて考えると信じられないよ。『うわぁ!俺たちがこの子を作ったんだ!』ってね」

そんなジョシュは以前、自身が3人姉妹とともに育ったことで女子の手ごわさを知っていることから、もう1人子供が生まれた場合も男の子のほうがいいと明かしていた。「(姉妹たちがいることで)喜んでもう1人息子を持ちたいと思わされたね」「女の子は素晴らしいよ。もちろん女の子が生まれても嬉しいけど、いわゆるティーンエイジャーの態度を取るようになったり、独立心を持つだろ?いつも簡単ってわけではないよ、特に母親にとってはね」

交際を始めてからすでに10年が経過し、結婚生活も6年となっている2人は、お互いと一緒にいることを楽しんでいることが関係が上手くいっている秘訣だと感じているそうだ。「俺たちは一緒にいて楽しいから上手く行っているんだと思うよ。心の底から彼女が好きなんだ!彼女も俺を好きだしね」「俺は人の恋愛とかにアドバイスをやれるような立場じゃないけど、理由が何であれ、俺たちはお互いがすごく好きなんだ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop