ジョージ・クルーニー、チャリティ活動でサンドイッチ屋を訪問へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョージ・クルーニーがホームレスの人々が運営するサンドイッチ屋を訪問することになったようだ。ジョージは2012年に地元のホームレスの人々を雇う目的で設立されたサンドイッチ店ソーシャル・バイトの経営者であるジョシュ・リトルジョン氏とアリス・トンプソン氏から招待状を受け取ったことで、スコットランドのエジンバラにある同店を訪れることにしたのだという。リトルジョン氏はザ・デイリー・レコード紙に「ジョージはエジンバラにある我々の社会事業の一環であるサンドイッチ店に来て、ホームレスの過去を持つスタッフと面会し、食べ物を味わうことになります。私たちはサンドイッチにジョージの名前を付けることになるかもしれませんね」と話す。

この訪問の際には9人の一般人と共に食事をとる予定になっているジョージは、ソーシャル・バイトと自身のチャリティ団体ノット・オン・アワ・ウォッチに向けた寄付金を募るために同店に足を延ばすことに決めたようだ。ジョージは最近まで路上生活をしていた店員たちとともに働く可能性もあるというが、妻アマルも同伴するかについては分かっていない。

リトルジョン氏は「ジョージは自身のチャリティ事業への関心を高めるためにこういった類のイベントを年に2度行っていますが、今回我々を選んでくれたことはとても喜ばしいです。我々にとっての最終目標は常にソーシャル・バイトの繁栄です」「ジョージが承諾してくれたと聞いてすぐに私は自宅で『オーシャンズ11』の3部作を見ました。『すごくクールだ』と思いましたね。アマル夫人が来るかは分かりませんが、もちろん大歓迎です」と続けている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop