スリップノットのミック・トムソン、弟に頭部を刺される!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スリップノットのミック・トムソン(41)が11日(水)、弟の喧嘩中に頭部を刺されたという。同日午前、ミックはアイオワ州クライブにある自宅外で弟アンドリュー(35)とナイフを用いた喧嘩になり、後頭部を指されたために病院へ搬送されたというが、重症ながらも命に別状はないと思われている。クライブ警察のマイケル・ヴェネマ署長はニューヨーク・デイリー・ニュースに「どちらの人物もあまり捜査に協力的ではありません。我が所の警察官は医療状況に問題がなくなればすぐにさらなる捜査を進めるつもりです」と発表している。

スリップノットのボーカル、コーリー・テイラーはこのニュースが報じられてすぐにツイッターで「ミックの話についてだけど、ミックが無事かを確認するために全力を尽くしているよ。あとでまた報告するよ」とファンに伝え、30分後にミックが無事であることを報告していた。「ミックの最新情報:俺が聞いた限りではアイツは無事だよ。みんなからのお見舞いの言葉はミックに伝えておくよ。ありがとうな」

警察側はミックの自宅内で始まったという事件当時、ミックとアンドリューが2人とも酔っぱらっていたと考えているようだ。アンドリューも怪我のため病院に運ばれたものの、2人は別々の救急車で搬送されていた。

スリップノットは来月からツアーを再開する予定になっていたが、今回のミックの怪我により日程に影響が出るかについてはまだ分かっていない。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop