マライア・キャリー、ニューアルバムのレコーディングを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マライア・キャリーがスタジオ入りし始めたようだ。マライアはソニー傘下のレコード会社エピック・レコードと新契約を交わした翌日に自身にとって第15作目となるニューアルバムのレコーディングを始めたようだ。マライアは新曲にすでに取り掛かり始めているようで、長年のコラボレーターであるジャーメイン・デュプリは「マライア・キャリーと一晩中スタジオにいた」というキャプション付きの写真をインスタグラムに投稿した。デュプリはこれまで『オールウェイズ・ビー・マイ・ベイビー』『ウィ・ビロング・トゥゲザー』などマライアのヒット曲を数々生み出してきている。

また、マライアの先日のエピック・レコードとの契約により、2005年作『MIMI』を手がけたプロデューサーのLA・リードと再タッグを組むことになるようだ。

『#ビューティフル』『ジ・アート・オブ・レッティング・ゴー』を収録した2014年発表の前作『ミー。アイ・アム・マライア』はデフ・ジャム・レコードからリリースされていた。今回のニューアルバムは6年間の結婚生活を送り、双子をもうけた夫ニック・キャノンとの破局が昨年の8月に公になって以来、マライアにとって初の作品となる。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop