キアヌ・リーヴス主演の「ビルとテッド」シリーズ、第3弾製作間近!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キアヌ・リーヴスは1年以上前から「ビルとテッド」シリーズ第3弾の最初のシーンを見始めているという。同コメディ映画の第3弾は数年もの間製作が進行していると言われてきたが、ここにきてそれが現実のものになろうとしているようだ。同作品の中でキアヌの共演者であるビル・プレストンを演じたアレックス・ウィンターは第3弾の製作を熱望しているようで、SXSWフェスティバルでヤフームービーズのインタビューを受けた際「キアヌは1年前からこの作品の最初の方のシーンを見始めたんだよ。そしたらもうめちゃくちゃ夢中になっていたね」「なかなか面白かったね。俺がキアヌに続編の製作について尋ねたら彼は俺から聞かれるのを待っていたようだったからさ。彼は『そうだね、もちろんさ』って言ったんだから」と語っていた。

1989年作『ビルとテッドの大冒険』のあと、1991年に続編『ビルとテッドの地獄旅行』が公開されたこの人気シリーズの第3弾について、本当に製作が進行しているのか疑ってイライラしているファンたちの気持ちも分かるとアレックスは続けている。「俺たちは第3弾を作ろうとしているところだよ。現在それを製作中で完成させるために精力的にやっているんだ。俺たちは製作に対して疲れを感じることなんてないんだけど、ファンたちの事を考えるとね、もう話すのなんかやめてさっさと撮影に取り掛かるべきだろって思うんだ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop