デビッド・ベッカム、年収はなんと現役時代をはるかに上回る91億円!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デビッド・ベッカムは昨年、5080万ポンド(約91億円)の収入を得ていたようだ。元サッカー選手のベッカムは、アディダスやH&Mなどのブランドとの契約を交わしており、現役時代よりも引退後のほうがはるかに巨額の収入を上げているようだ。2012年の3460万ポンド(約62億円)からさらに1500万ポンド(約27億円)もの増収を上げているベッカムは、引退したスポーツ選手の長者番付において元NBAのマイケル・ジョーダンに続き2位につけているとフォーブス誌は報じている。

最近ではハイグ・クラブのウィスキーやコティとも契約を交わしているベッカムは、マンチェスター・ユナイテッド、リアル・マドリッドなどのチームでプレーしたほか、イングランド代表チームのキャプテンを務めていた。

先日にはベッカムが昨年750万ポンド(約13億円)の給料を自身に支払っていたことが明らかになっており、一方、元歌手で現在はデザイナーとして活躍する妻ヴィクトリアは自身への給与が75万ポンド(約1億3000万円)だけにとどまっていた。デビッド家の活躍は夫妻だけに留まらず、息子ロメオもバーバリーの広告に出演したことで、同ブランドの大幅な売り上げ増に貢献していた。バーバリーのコート、バッグ、その他の洋服のアメリカ、ヨーロッパ、中東での売り上げは14パーセント増となる6億ポンド(約1077億円)となっており、ロメオの出演した広告は同ブランドのトレードマークであるトレンチコートの売上だけでも10パーセント増に貢献したと考えられている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop