アジーリア・バンクス、元恋人から暴力を振るわれていたことを告白

アジーリア・バンクス(23)は元恋人から暴力を振るわれていたという。アジーリアは自身の成功と名声を羨んでいた2回り以上年上の元恋人からDVを受けていたのだとプレイボーイ誌の4月号で語っている。その中で一番長い交際について尋ねられたアジーリアは「私が17歳の時から付き合い始めたの。彼は43歳だったわ。あの年で17歳の女の子と付き合いたいなんて、あの人にはなにかおかしいところがあったのよね...それで(私のシングル)『212』の人気が出てきて、私のキャリアが実際に動き出した時、彼はすごく嫉妬し始めたの。それで彼は私の首を絞めたり殴ってきたりしてきたわ。手を出してくるような男となんてもちろん付き合ってるべきじゃないのに、当時の私はバカで若かったのよ」と明かした。

イギー・アゼリアやT.I.など、そのはっきりした物言いから過去にもめ事を起こしたこともあるアジーリアは、今回のこの雑誌に黒猫に囲まれながらヌードで登場している。カメラの前で脱ぐことが好きだというアジーリアは、この号に向けて裸になることは問題ではなかったと説明している。「私って裸になるのが好きなのよね。マネージャーが撮影の仕事を入れる度に私はいつも『ヌードをやろう!』って感じで、それでみんなは『あぁ、アジーリア、君はいつもお尻を見せようとするんだから』って言ってくるんだからおかしいわ。プレイボーイに向けてポーズをとるなんて考えるまでもないことだわ。『やった!プレイボーイが私の裸を見たいのね』って感じだったわ」

プレイボーイ側は先日、オーストリア出身のベテランファッション写真家で監督としても活躍するエレーン・ヴォン・アンワースによって撮影されたこの陽気な写真がネットで大反響を呼ぶことになるだろうと予測していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop