リアム・ギャラガー、ソロアルバムをレコーディング中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リアム・ギャラガーがソロアルバムのレコーディング中のようだ。リアムは昨年10月にビーディ・アイを解散して以来、このソロプロジェクトに向けて極秘裏に作曲活動を進めていたという。兄ノエルと共にオアシスとして活動していたこともあるリアムは、ソロ活動に向けてバックバンドや数々のミュージシャンをセッションに招き入れてきたようで、フェスティバルシーズンには何かしらかたちにしたいと考えているようだ。ある関係者はザ・サン紙に「リアムは夏のフェスティバルに目を向けていて、そこで新曲をいくつか披露しようと考えているようです」「ノエルほど自分の作曲能力は安定していないと分かっていますが、音楽界で自分の名前が強い影響力を持っていることも知っていますからね。リアムのソロアルバムはUKロック界で最も期待される作品の1つになるでしょう」と話した。

オアシス時代のヒット曲の数々はほぼノエルによって書かれたものだが、ヒットシングル『ソングバード』『アイム・アウタ・タイム』やアルバムの収録曲などでリアムも曲作りを担当していた。

そんな中、ノエルはリアムが音楽界に貢献できることはまだまだあるとして、リアムのソロアルバムを熱望する発言を最近していたばかりだった。「リアムが音楽をやめたなんて驚きだよ。でもスポットライトから長く遠ざかったりはしないだろうね。リアムはソロアルバムを作るべきだと思うんだ。やる気を出して、名前を挙げて、やってみるべきだよ。俺はビーディ・アイが解散したことをすごく悲しんでいるんだ。あいつらがどれだけ上手くやって行きたかったか知っているからね」

オアシスの解散以来、長らく熾烈な兄弟ゲンカを公に繰り広げていたギャラガー兄弟だが、最近には和解に至ったようで、リアムは先日、ノエルのハイ・フライング・バードのコンサートへの全エリアへのアクセス許可証を手にした自身の写真を投稿していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop