ジミー・キンメル、陰茎手術を2度も受けていた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気司会者のジミー・キンメル(47)が2度も陰茎手術を受けていたことを明かした。3児の父であるジミーは、尿道が詰まってしまったことでこの手術を強いられたのだとE!ニュースに明かしている。「勝手に詰まっちゃったみたいなんだ。なんでこんなことになったのかいまだに分からないよ」「医者が『あなたの尿道は詰まっていますので手術が必要です』って言ったんだ。それで手術をしたんだよ。そしたら今度は『うまく開けませんでした。あまり上手く行かなかったんです。もう一回やる必要があります』って言ってもう一回やったんだよ」

その治療過程はかなりの痛みを伴うものだったようだが、ジミーは「俺はまさに尿道口さ。すごく辛い過程だったよ。すごくひどいものだったよ」とその状況も笑い話にしていた。

そんなジミーは今週、昨年に引き続き自身のトーク番組をSXSWフェスティバルで行っており、あまりにも楽しい時間を過ごしているためロサンゼルスの自宅を引き払って、同フェスの開催地であるテキサス州に移住しても良いと語っていた。「オースティンが大好きだよ。ここに引っ越してきてもいいくらいさ。すごく好きなことはたくさんあるけど、まず食べ物だね」「とにかく去年楽しんだからさ。番組ごと移動するときって、いつもよりさらに仕事が増えるからそんなに楽しめないもんなんだけどね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop