ジェームズ・フランコ、長年のゲイ説について初めてコメント

ジェームズ・フランコ(36)は「芸術」の中では自分がゲイであるとコメントした。長年ゲイ説が囁かれていたジェームズが、フォー・トゥー・ナイン誌の3月号に掲載された自分自身に対するインタビュー形式の寄稿で初めて自分の性的指向について口を開いた。そこではこう書かれている。「それでお前はゲイなのかよ?」「俺は自分の芸術の中ではゲイだけど、生活においてはストレートだよ。でも実生活でも性行為を行う前まではゲイかもしれないな。でもそれ以降はストレートだと言えるね」「つまりはゲイという言葉の定義によりけりってことだよ。もしそれがセックスの相手を指すなら俺はストレートだね」「でも20年代や30年代は寝る相手ではなく、行動で同性愛者かどうかを定義づけたものさ」「水平たちは男同士でいつもやっていたけど、男らしく振る舞っている限りはゲイだなんて思われなかったんだから」

そんなジェームズは先日、ソーシャルネットワークが「うわついた」ものだと感じるためあまり使わないようにしていると語りながらも、300万人ものフォロワーを持つ自身のツイッターのアカウントが仕事や経済的な目的に置いては「重大な」宣伝経路だとしていた。ソーシャルメディア上で自分の本当の性格を表現しているかと尋ねられたジェームズは「それはないよ。ソーシャルネットワークっていっつもうわついた感じがするんだ。投稿されたものを見るとだいたいバカみたいなものが多いだろ。だから俺は真剣に捉えていないんだ。でもその一方で、この時代の重要な通貨って注目度だから、俺が何人のフォロワーを持っているかによってそれが実際にお金に関わってくるし、ある種の力にもつながってくるから、そういう面ではとても重大なものだよ」と答えていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop