ライザ・ミネリ、リハビリ施設入りしていた!

ライザ・ミネリ(69)がリハビリ施設入りしたという。ライザは物質乱用の治療ため先週から非公開の医療施設で治療を受けているというが、回復が順調であるため退院も間近だという。ライザの広報担当スコット・ゴレンスタインはPEOPLE.comに「ライザはとても順調に回復していますので、退院もそう遠くはないと思われます」と発表している。TMZ.comによれば、今回ライザがリハビリ施設入りしたのはアルコール依存症が原因だったようだ。

ライザは長年依存症を患っていることを公に口にしてきているが、最後にリハビリ治療を受けたのはおよそ11年前になる2004年のことだった。ゴレンスタインはE!ニュースに「ライザ・ミネリは長年に渡ってアルコールと処方薬への依存症に勇敢に立ち向かってきましたし、治療が必要な際には治療を受けてきました」と語っている。

1984年には母ジュディ・ガーランドが睡眠薬の過剰摂取で1969年に他界してから患っていたアルコールと処方薬の依存症のためにリハビリ施設で治療を受けていた。

ライザのその依存癖は、4人目の夫デビッド・ジェストとの離婚のきっかけになったとも見られていた。2002年にデビッドが申請した離婚書類には、2人の結婚生活においてアルコール摂取が原因となった出来事がいくつかあったとされていた。

一方のライザも2008年には自身のその依存症が母から受け継いだものであり、これまでの人生でずっと苦しんできたと語っていた。「私の人生においてこの病気はずっとはびこっているの。これは遺伝だし、すごくひどいものだけど、私はいつも治療を受けてきたの」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop