アントニオ・バンデラス、大学でファッションを学ぶ!

アントニオ・バンデラス(54)が大学でファッションを学ぶためにロンドンに拠点を移すようだ。アートやデザイン教育で有名なセント・マーチンズ大学に入学することを決めたアントニオは、実は長い間ファッションデザインを学びたいと思っていたそうでその意気込みを「新しい何かを俺は始めるんだけど、実はファッションデザインを学ぶことにしたんだ。長い間考えていたことでもあるし、世界で最も素晴らしい学校であるセント・マーチンズ大学で勉強を始めるよ」「将来的にこの業界に足を踏み入れるために知識が必要だからね。この行動は俺の気持ちをとても若くしてくれているんだ。勉強机に再び座って今まで知らなかった現実や物事なんかを理解しようとするんだよ」と語っているものの、だからと言って俳優業や監督業から引退するというわけではないと続けた。「もちろん、俺の専門分野を辞めるつもりはないよ。俳優として演技し続けるし、監督業もね。ただこれは新しいことなんだ」「ある日、俺はスペインで賞を受賞したんだよ。ザ・ゴヤ賞と功労賞だったんだけど、そのとき俺は『俺の人生の第2部がスタートしたから今俺はここを去らなければならない』って言ったんだ。俺はこれをとても真剣に受け止めているんだよ」

別居中の妻メラニー・グリフィスとの間に18歳の娘を持つアントニオだが、この娘ステラも同じ年から大学に通うことになっているものの、ステラがアントニオのような映画俳優としての道を歩むことはないと考えているようだ。メラニーと元夫との間の子供ダコタ・ジョンソンをメラニーとともに育てたアントニオはITVの『ルース・ウーマン』に出演した際このように話していた。「ステラも来年大学に行くんだよ。彼女は俳優であることの暗い部分も見ているからね」「俺の娘たちとの関係や家でともに過ごした時間の量に関しては少々罪の意識を感じているんだ」「他の国で仕事があったときなんかは、3か月も会わないこともあったからね。子供たちは学校に行かなければならなかったし。最終的にはステラは週末会いに来るようになったけど。彼女は文学に興味があるからそれについて学ぶんじゃないかな」「もしあの子が映画業界で働くことになっても、カメラの前に出てくることは一生なくて、カメラの後ろで働くことになるだろうね。ステラは恥ずかしがりやだし家族の中にいる俳優たちだけで十分なのさ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop