胸元をあらわにした修道女の広告で警察が介入する大問題に!

胸元をあらわにした修道女が写された看板広告を作成した洋服ブランドが、神への冒とく行為として警察から取り調べを受けているという。その9メートルに渡る広告を制作したロッソ・ディ・セラは、ローマ教皇の訪問を前にしてイタリアのナポリ内にその広告を貼りだしていたという。

地元のある男性は「3月21日にローマ教皇の訪問が予定されているところにこれが貼りだされたのは絶対に偶然ではないと思います」「この会社はもちろんこの写真で金儲けをすることを考えているのだけど、ここに住む人々はもちろん、教皇を含めてこの地を訪問する人たちに不快感をもたらすことなど気にしていないんですよ」とその怒りを露わにした。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop