ジェシー・J、心臓の状態が原因で口パクをせざるを得ない状況に!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェシー・J(26)は心臓の状態次第でステージで口パクのパフォーマンスをせざるを得ない決断を迫られることになるようだ。ジェシーは自身の健康状態を保つために医者団から激しいパフォーマンスを減らすように忠告されているものの、口パクでパフォーマンスを行いたくないというジレンマに陥っていると明かした。「私が望んでいてもこのことをコントロールできるかどうかわからないわ...(この状態は)みんなが思うより...(私に影響を与えているの。)隠さないとね」11歳の時にウォルフ・パーキンソン・ホワイト症候群と診断されたジェシーは不整脈が出るようで、それによりめまいや息切れの症状に悩まされているという。

そんな症状が悪くなる一方のジェシーだが、自身の健康を犠牲にしてまでも可能な限り自身のヒット曲を歌い続ける意向を示している。医師団からパフォーマンスを少し控えるように告げられたかどうかというザ・タイムズ紙の質問に対しジェシーは「そうね、もちろんそう告げられたわ。でも私は、『あー。これが私のやっていることなの』って感じだったわ。(口パクなしで)ここまでこれた自分のことを誇りに思うけど、このペースで私のキャリアが進んでいくのであれば、健康のためにも口パクもしないといけないかもしれないわ。私の曲はとても大きなものだから」と答えた。

そんな中ジェシーは「急な体調不良」によりオーストラリアツアーの残りの日程をキャンセルしていたが、心臓の症状とは関係がないとみられている。今週出された声明ではこう綴られている。「急な体調不良のために、残念ながらオーストラリアの残り3公演を中止するよう医者から告げられました。それにより休養をとり、回復する時間が取れます」「よくなるような魔法が掛けて、そこにいることができるのであれば、そうします。みんなのために将来パフォーマンスすることが待ちきれません」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop