キアヌ・リーヴスとジム・キャリーが新作映画で共演!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キアヌ・リーヴスとジム・キャリーが新作映画『ザ・バッド・バッチ』に出演することになった。アナ・リリー・アミルポア監督がメガホンを取るこの作品は、テキサスの破滅的な荒地を舞台に繰り広げられる人食いをテーマにしたラブストーリーとなるようで、キアヌとジムのほかにもスキ・ウォーターハウス、ディエゴ・ルナ、ジェイソン・モモアらも出演が決定している。

主役のマイアミマンをジェイソン、ヒロインのアリエンをスキが演じる中、キアヌはザ・ドリーム役、ジムはザ・ハーミット役をそれぞれ演じることになるようだとザ・ラップは報じている。

一方で先日、キアヌは1年以上前から「ビルとテッド」シリーズ第3弾の最初のシーンを見始めているという報道もあったばかりだ。同作品の中でキアヌの共演者であるビル・プレストンを演じたアレックス・ウィンターは第3弾の製作を熱望しているようで「キアヌは1年前からこの作品の最初の方のシーンを見始めたんだよ。そしたらもうめちゃくちゃ夢中になっていたね」「なかなか面白かったね。俺がキアヌに続編の製作について尋ねたら彼は俺から聞かれるのを待っていたようだったからさ。彼は『そうだね、もちろんさ』って言ったんだから」と語っていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop