ファレル・ウィリアムス、国際幸福デーを記念してエンパイア・ステート・ビルディングを黄色に彩る

ファレル・ウィリアムスが20日(金)の国際幸福デーを記念してエンパイア・ステート・ビルディングを黄色に彩るようだ。若者に気候変動の問題を投げかけるために国連とライブ・アースが設定したこの日を記念して、ファレルはニューヨークにあるこの有名高層ビルのライトを点灯するという。今回のイベントについて、ヒット曲『ハッピー』で知られるファレルは「社会的紛争から気候変動まで、世界においてたくさんの混乱がある中、僕達は全てを止めて幸せを祝う瞬間が必要なんだよ」「人間の幸福を求めることにおいて地球を守ることは基本となることだし、だから気候変動に取り組むための莫大な声を集めるライブ・アースの活動を支援することにしたんだ。僕らは幸福感が世界を変える力を持っていると信じているんだ」と説明している。

エンパイア・エステート・ビルディングのライトは現地時間午後2時に点灯されることになっており、その前にはファレルと国連スタッフ、気候変動の専門家らが気候変動に向けた活動の重要性を中学生たちを前に語ることになっている。

ファレルはほかにも国際幸福デーを記念して「ハッピー・パーティー」を開催しており、そこでは世界中の人々に自分たちの写真をwww.globalhappyparty.comに投稿するよう呼びかけ、その写真がアニメーションのイメージとして踊りだすというイベントが繰り広げられている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop