1Dのルイ・トムリンソン、恋人と破局していた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワン・ダイレクションのルイ・トムリンソン(23)が恋人と破局していたようだ。ルイは4年間交際していたエレノア・カルダー(22)と2週間前に破局したようで、日曜版ザ・サン紙によって明らかにされたある写真の中では、公演のために訪れていたタイで女性とキスしている姿を見せている。ある目撃者は「外のプールのそばで音楽と声が聞こえたので午前6時30分に目が覚めました。部屋の窓から外を見てみると、ルイとゼイン(マリク)がいました。信じられませんでしたね」「彼らがバンコク市内に滞在して、公演することは知っていました。全員がずっと飲んでいた様子のようで、 プールの周りにはグラスがたくさんありました。ルイとゼイン、2人の女性、それに1組のカップルもいました。警備も彼らのことを見守っていました。ルイは全裸になってプールに飛び込み、ある女性とキスをし始めました」と話す。

今回のルイとエレノアの破局は代理人が認めており、「ルイとエレノアは2週間前に破局しました。今回は2人ともプライバシーの尊重を求めていたため、この件について本人たちからは発表していませんでした」と説明していた。

2人はお互いの家族とも互いに仲がよかったことから、両家族もショックを受けているようだ。ある友人は「2人は本当に愛し合っていましたから、とても悲しいです。ルイは近々エレノアと家族婚をしようとしていました。ルイは(エレノアの両親にとって)息子のようであり、エレノアはルイの母親ととても仲がよかったのです。ルイの母親は結婚式の手伝い係のリーダーの役でもあったんですよ」と話す。

そんな中、ゼインはタイのプーケット島でローレン・リチャードソンという名の女性と手をつないでいるとみられる写真が公になったばかりだった。その直後、ゼインは「ストレス」のために1Dの「オン・ザ・ロード・アゲイン・ワールド・ツアー」を離脱して英国に戻り、婚約者ペリー・エドワーズとその浮気疑惑において話をしたとみられている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop