ヴィヴィアン・ウエストウッド、ニューヨークに新店舗オープンへ

ヴィヴィアン・ウエストウッドがニューヨークに新店舗をオープンすることになった。すでにアメリカではホノルルとロサンゼルスにショップを展開するヴィヴィアンだが、今回ニューヨーク市内にある歴史的住宅を改装して事務所とアメリカ東海岸エリアで初のショップを持つことになるとWWDが報じている。 

その目を見張る物件の1階から3階部分はゴールド・レーベル、レッド・レーベル、アングロマニア、マンの既製服コレクションをはじめ、イブニング・ウェア、ゴールド・カプセル、ブライダル、小物などを販売する予定のようだ。さらには、ヴィヴィアンのロンドン店舗限定で以前販売されていたウェスト・エンド・コレクションの一部のアイテムも購入可能になるという。

同ブランドでクリエイティブ・ディレクターを務めるヴィヴィアンの夫アンドレアス・クロンターラーは、1万5000平方フィートにもなるこの空間について「私達がショップとして選んだこの建物は、素晴らしい雰囲気ですし、この地域は我々にとって完璧です」と話す。

さらに、アメリカ地区のCEOを務めるクリスティアーノ・ミンチオ氏は「ニューヨーク進出は弊社にとって非常に重要なステップといえる場所であり、だからこそ、我々のブランドを象徴するような最高の場所を見つけなければなりませんでした。ロサンゼルスで旗艦店をオープンさせた後すぐにニューヨークでも様々なエリアで(候補場所を)探し、かつてはセント・レジス・ホテルの一部でもあった歴史が深い素晴らしい物件を見つけました」とショップの物件を決めた経緯を説明する。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop