アンジェリーナジョリー、卵巣摘出手術を受けていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アンジェリーナジョリー(39)が卵巣と卵管の摘出手術を行っていたそうだ。毎年受けている定期検診で卵巣がんになる危険性が50パーセントあるという結果が出たことを受けて、予防措置として1週間前にその摘出手術を受けたという。母と祖母をがんで亡くしているアンジェリーナは、このニュースを発表したニューヨーク・タイムズ紙への寄稿文の中で卵巣がんの初期段階にある可能性があったと説明している。「先週私は腹腔鏡による両側卵管卵巣摘除術を受けました。1つの卵巣に小さな良性の腫瘍がありましたが、細胞組織には一切がんの兆候は見られませんでした」

アンジェリーナは2年前、遺伝的に乳がんの発生率が87パーセント、卵巣がん発生の可能性が50パーセントあると知ったことで両乳房切除手術を行っていた。

今回の手術後にはホルモン剤を摂取しているというアンジェリーナだが、昨年に挙式した夫ブラッドとはこれ以上子供を作ることはできないと続ける。「ホルモン剤を摂取していますが私はもう月経閉止してしまいました。もうこれ以上子供を産むことは出来ないし、身体的な変化も現れることでしょう。でも何があろうともあまり気にしていません。それは私が強いからではなく、これは人生の一部だから。なにも恐れることはないのです」

アンジェリーナは6人の子供たちのためにこの手術を受けることにしたと綴っている。「今回の手術は両乳房切除手術ほど複雑ではありませんでしたが、その影響はより深刻です。女性を月経閉止へと追いやるのですから」「全てのリスクを取り除くことはできませんし、私はいまだにがんになりやすいというのが事実です。私は自然な方法で免疫力を高める方法を探すつもりです。私は自分自身と家族のために決意した選択によって女性らしく、しっかりした気持ちになります。私の子供たちが『ママは卵巣がんで死んでしまった』と言う必要は絶対にないということが分かっているのです」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop