ジョン・ハム、アルコール依存症治療完了

ジョン・ハム(44)が30日間のアルコール依存症の治療を完了したという。『マッドメン』でお馴染みのジョンはコネチカット州ニュー・ケイナンにあるシルバーヒル病院の治療施設に2月下旬から入所していたが、ジョンの広報担当者がTMZ.comに対し「長年のパートナーであるジェニファー・ウェストフェルドのサポートによって、ジョン・ハムはアルコール依存症の治療を完了することが出来ました。2人のプライバシーへの配慮をどうかよろしくお願いいたします」とコメントしている。

ジョンは2010年にザ・オブザーバー紙のインタビューで20歳の時に自身の父親が亡くなったことをきっかけにうつ病を患っていたことを告白し、当時の状況をこう語っていた。「俺は父親が亡くなったことをきっかけに停滞していたんだ。慢性のうつ病と闘いながらね。調子が悪かったよ」「セラピーを受けたり、短い期間抗うつ剤の治療も受けて、それらは効いたよ。セラピーはどんな働きをしてくれるかと言うと、僕らが負のスパイラルにいるときに他の見方をする方法を教えてくれるんだ。それは効いたね。本音を言うと?抗うつ剤は役に立つよ!」「脳の中の考え方を変えてくれるんだ。『朝ちゃんと起きたい。午後4時までなんて眠りたくない。起きてそれから仕事に行きたい。それから...』こんな具合に自動的に脳の中の考えをリセットしてくれて、エンジンをかけてくれるんだ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop