ゼイン・マリク、ファンのためだけに1Dに留まっていた!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゼイン・マリクが「他の人の幸せ」のためにワン・ダイレクションのメンバーであり続けていたようだ。25日(水)に1D脱退を表明したゼインは、ずっとスポットライトを浴びることから逃れたかったとザ・サン紙に明らかにした。「多分他の人の幸せのために、自分がしたくないことをしばらくしようとしていたんだ」「それらの人は主にファンのことだよ。それに、これはファンのためだけにしようとしたことだし、ファンだけのためにしたことだったんだ」「いろんな意味でファンをガッカリさせたかもしれないことだけが、ただ辛いよ」「それだけが起こってほしくないと思っていた大部分なんだ」「ファンやほかのことに背を向けたわけでもないし、たた僕にとってリアルじゃないから、ただもうできないってことなんだ」

さらに、ゼインは1Dの不仲説に対しては否定し、残りのメンバーであるハリー・スタイルズ、リアム・ペイン、ルイ・トムリンソン、ナイル・ホーランがこれからもしばらく音楽を一緒に作っていくだろうとした。「しばらく1Dでありたいと思っているよ。だから、みんなやりたいって思っていることを続けていくと思うよ」「しばらくは上手くやっていけると思うんだ。意味がわかる?」「彼らはクールになると思うよ」

さらに、ゼインは友好的に1Dを脱退できたことがよかったと感じているようだ。「他のバンドが決裂したり、メンバーが脱退してみたいな感じじゃなかったから、僕にとってよかったんだ」「僕のバンドはとても支援してくれているよ。彼らはこのことを本当に問題ないと思ってくれているんだ。僕にとってリアルじゃないってことを理解してくれているんだ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop