オジー・オズボーン、手術のためにオズフェス・メキシコをキャンセル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オジー・オズボーンが手術を受けるために、オズフェスのメキシコ公演をキャンセルすることになった。

「オズフェス」の愛称で親しまれる「オズフェスト」ツアーのメキシコステージは5月27日に敢行される予定だったが、オジーは手術後1か月の休養が必要であることから、中止せざるを得ない状況となったようだ。

オズフェスタの公式ウェブサイトには「クール・ブリーズ・コンサーツは、残念ながらオズフェスがキャンセルされたことをお知らせします」「同イベントのことを我々も皆さんが心待ちにして下さっていたように楽しみにしていました。しかしながら、オジーが南米ツアーの後の5月に手術を受ける予定となりました。最低4週間の休養期間が必要となります。中止しなければならなくなったことを非常に残念に思います」と記載されている。ハード・ロック・リビエラ・マヤ・ホテルで開催される予定だった同フェスに対し、プロモーターはチケットの払い戻しに加えて同ホテルでのスペシャルオファーも提供しているという。

Blabbermouth.netによると、4日間にわたる同フェスは ザック・ワイルドのアコースティック公演、オジーとバンドに対する質疑応答セッション、ブラック・レーベル・ソサイアティパフォーマンス、ジム・ノートンのスタンドアップ・コメディ、チャリティ目的のゴルフトーナメントなどと多岐にわたる内容となることになっていた。

オジーは手術を前に、来月25日から開催されるブラジル、アルゼンチンなどを含む南米各地を巡るフェス「モンスターズ・オブ・ロック」には登場する予定であり、8月18日から開催されるメキシコのモンテレイとメキシコ・シティの公演にも出場予定だ。

また、オジーはブラック・サバスのバンドメイト、トニー・アイオミ、ギーザー・バトラー、リック・ルービンと 2013年リリースの再結成アルバム『13』に続くアルバム制作に取り掛かっているところだ。

さらには、11月21日、22日には日本でもオズフェス・ジャパンが敢行される予定だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop