『インターステラー』、2015年度エンパイア賞の最優秀作品賞に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『インターステラー』が29日(日)に行われた2015年度ジェムソン・エンパイア賞で最優秀作品賞を受賞した。マシュー・マコノヒーとアンハサウェイ主演のこのSF映画は、英エンパイア誌の読者をはじめ、世界中の映画ファンたちの投票によって同賞に選ばれ、ロンドンにあるグロブナー・ハウスで開催された式典でこの名誉ある賞を与えられた。さらに同作品は作品賞のみならずクリストファー・ノーラン監督が監督賞も受賞し、同作品の出演者でもあったジェシカ・チャスティンにトロフィーを授与された。ノーラン監督は受賞スピーチにおいて「僕のインスピレーションについて話したいと思うのですが、それは僕の妻であるエマなのです。みなさんがみたことのある一連の映画は彼女によって生み出されています。彼女は全てのスタートから僕の傍にいて、彼女なしではこれらの作品を作り出すことが出来なかったでしょう」「そしてジェシカをはじめとする、過去に僕と仕事をしてくれ、刺激を与えてくれたすべての俳優たちに感謝しています」と述べていた。

他には『ゴーン・ガール』で精神異常の殺人者エイミー・ダンを演じたロザムンド・パイクが最優秀女優賞に輝き、『猿の惑星:新世紀』でシーザーを演じたアンディ・サーキスが最優秀男優賞を獲得している。

ジェイムス・ネスビット司会で行われた同授賞式では『ゲーム・オブ・スローンズ』にエンパイア・ヒーロー賞が授与され、同賞において初めてテレビドラマがこの賞を獲得することになった。さらにレイフ・ファインズがエンパイア・レジェンド賞を受賞している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop