ジェニファー・ロペス、キャスパー・スマートとの破局はウソだった?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェニファー・ロペス(45)は昨年のキャスパー・スマート(27)との破局を装っていた可能性があるようだ。昨年6月に3年間交際していたキャスパーとの破局を発表したジェニファーだが、25日(水)にロサンゼルスのウェスト・ハリウッドでキスをしている姿が目撃されたことで、実はその破局発表が最新映画『ザ・ボーイ・ネクスト・ドア』の宣伝効果を狙ったものだったのではないかという噂が広まっている。

今回2人はジェニファーの『アメリカン・アイドル』撮影の合間にデートをしていたようだ。元夫マーク・アンソニーとの間に双子をもうけているジェニファーに親しい関係者がTMZ.comに話したところによれば、ジェニファーは昨年『ザ・ボーイ・ネクスト・ドア』の共演者であったライアン・ガスマン(27)との熱愛の噂に火をつけるために、昨年夏にごく短期間だけキャスパーに会うことを止めていたという。また一方のキャスパーも当時、UFCの格闘家たちを描いた出演作『ストリート』の公開が控えていたことから、ジェニファーとの破局のニュースにより同作への宣伝効果を得られたとその関係者は続けている。

ジェニファーとキャスパーはその破局発表以来、一緒にいる姿が何度も目撃されているものの、キャスパーは2人がただの親しい友人なだけだとコメントしていた。「俺たちにはたくさんのつながりがあるからね。すごく親しいよ。友達だからね。俺たちはとても良い友達なんだ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop