ゼイン・マリク、1D脱退後早くもソロのデモ音源をリリース!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゼイン・マリクのソロ活動初となるデモ音源をノーティ・ボーイが公表した。プロデューサーのノーティは自身とワン・ダイレクションを脱退したばかりのゼインが手掛けた新曲『アイ・ウォント・マインド』のデモ音源リンクをツイッターに投稿し、「みんな、音楽そのものに話させるよ。またな」とコメントをつけた。ゼインは先週1D脱退を表明した際に「僕はリラックスが出来て、スポットライトから離れてプライベートな時間を持てる普通の22歳になりたいので脱退するのです」とコメントしていたにも関わらず、すでにノーティとスタジオ入りを果たしていたことになる。

一方、ノーティが1Dに対するネガティブな視点からのビデオも投稿したことを受け、怒りを隠せない様子の1Dのルイ・トムリンソンがノーティに対する批判ツイートを繰り返した。「ワオ。ノーティ・ボーイ、本当に思いやりの無い奴だな。今君はいったい何歳だと思っているんだ?もっと成長しろよ!」「君がツイートしたビデオのことを言っているんだよ。明らかにファンを怒らせようとしているな!成功したみたいだな。フェアプレー」

これらのツイートの後には新たにサウンドクラウドにも問題のデモ音源がアップロードされた。

さらに、ルイはトピックを変えて、ファンに対する感謝をツイートした。「とにかーーーーく」「ファンのみんなに大きな愛を!君たちは信じられないくらい本当に素晴らしいし、ケープ・タウンでプレイするのが待ちきれないよ。きっと大きなショーになるよ!!!」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop