ドウェイン・ジョンソン、UFC女子バンダム級王者ロンダ・ラウジーとレッスルマニア31に登場!

ドウェイン・ジョンソンが29日(土)、レッスルマニア31の会場にUFC女子バンダム級王者ロンダ・ラウジーとサプライズ登場した。トリプルHとその妻ステファニー・マクマホンがカリフォルニア州サンタクララにあるリーバイス・スタジアム満員の観客たちを挑発していたところ、突然2人が登場し会場中に衝撃を与えたようだ。

ドウェインがトリプルHと戦いを挑み、レッスルマニアらしい瞬間を作ろうとしたところトリプルHには拒絶されたが、ステファニーによる屈辱的な攻撃を受け、ステファニーとWWEの代表取締役会長兼最高経営責任者でもある父ヴィンス・マクマホンがいなければ元レスラーのドウェインが映画スターになることはなかったと罵られたりもしていた。

その一方で28日(土)にもアーノルド・シュワルツェネッガーが、WWEの殿堂入りを記念してほかのレスラーたちと共に会場に登場していた。

シュワルツェネッガーの新作映画『ターミネーター:ジェニシス』はスティングとの試合に向かうトリプルHの会場登場シーンにアイデアを与えていたようで、会場内に映し出された映像にはターミネーターことT-800サイボーグとしてのシュワルツェネッガーが使われていた。

スティングとトリプルHの試合では、ライバルグループであるDXから攻撃を受けていたスティングを助けるべくハルク・ホーガンがnWo仲間であるケビン・ナッシュ、スコット・ホールらと登場したものの、その助けもむなしくトリプルHにその軍配は上がっていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop