ラッセル・クロウ、マイケル・ジャクソンからいたずら電話を受けていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラッセル・クロウは昔、マイケル・ジャクソンからいたずら電話を受けていたそうだ。2009年6月にマイケルが亡くなる前の2~3年の間、ラッセルがホテルのチェックインに使っていた偽名を見つけ出したマイケルは、実際に会ったこともなかったにも関わらずたびたびラッセルにいたずら電話をかけていたという。ラッセルは「俺は彼に一度も会ったこともなければ握手をしたこともないんだ。だけど、彼は俺がホテルに泊まるときに使っていた偽名を見つけ出したみたいでさ。俺がどこにいようがおかまいなくいたずら電話をかけてきたんだよ、ほら、俺たちが10歳の頃にやったみたいなことさ」と語る。

50歳の若さで悲劇的な死を遂げたマイケルだったが、ラッセルを苛立たせるまでいたずら電話を繰り返すような子供っぽいユーモアのセンスを死ぬまで持ち続けていた男だったと語るラッセルは、ザ・ガーディアン紙にマイケルがどのようないたずら電話をかけてきていたのかも明かしていた。「マイケルは『ウォール氏はいますか?ウォール氏の奥様は?ウォール一家の誰かそこにいますか?ウォール(壁)がいないなら何が屋根を支えているんですか?あはは』とか言っていたよ。普通はこんなことやるのは子供の時だけのもんだろ?」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop