デイヴィッド・ドゥカヴニーがアルバムをリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『Xファイル』でおなじみのデイヴィッド・ドゥカヴニーがアルバムをリリースする。12曲を収録した『ヘル・オア・ハイウォーター』を5月12日に発表するデイヴィッドは、ファン達に自身の音楽を聞いてもらうのが待ちきれないとコメントを出した。「このアルバムを制作できたことは夢のようでした。こんな夢を持ったことさえありませんでしたが、いかにこの音楽が実現したかを考えるといまだに驚きを隠せません」「僕が知っていることと言えば、この曲の数々は僕が達成したことの真の感覚を表しているということであり、みなさんとそれを分かち合うことが待ちきれません」

デイヴィッドは以前、自身の音楽を説明するときにR.E.M.を引き合いに出していた。「自分の音楽はみんなが知っているアーティストとしか比較できないだろ。だから自慢しているように聞こえてしまうだろうね」「でも夢の中での話だとすれば、ウィルコとかR.E.M.とかそのあたりのようなサウンドになりたいね。もし僕がラッキーだったらの話だけどさ」

そんなデイヴィッドは自身のアルバムの売り上げは気にしないと語っていた。「音楽を始めたら『歌詞を書けるようにならなきゃ』って思い始めたんだ。それですべてを逆戻りしていったわけさ」「発売されたら誰か買うかとかどう思われるかとかに関わらず、とにかく自分の人生における喜びだよ。音楽を演奏して曲を書けるってことや、友人たちに歌を歌ってあげられることを考えられるってことが人生においての救いとなっているよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop